【ハヤテのごとく!】単行本51、52巻

スポンサードリンク

ハヤテのごとく! 51巻、52巻読みました

ハヤテのごとくは学生のときから読んでたり、アニメを見てたりだのでかなり思い入れのある漫画でした

その作品が終わってしまうということで、単行本派の自分でもわざわざ最終話掲載のサンデーを買いにいったくらいです

52巻は、サンデーには未掲載のエピローグが描き増しされているのでハヤテ好きな方はぜひとも読んでみてください

スポンサードリンク

自分は愛沢咲夜が一番好きなんですが、終盤の三千院ナギにかなり持っていかれそうになりましたね
抜群の破壊力を所有していました

ハヤテのごとくは途中から当初のゆるゆるな雰囲気から、ちょっぴりシリアスな展開になってしまったりいろいろありましたが、
個人的には大満足の終わり方でした
しいていうならもっと後日談が見たかったですね

ちなみに最近漫画をkindle版で読むようになりまして、ハヤテのごとくも47巻からkindle版で読んでるので、
kindle版も全巻そろえようかななんて思っちゃったりしてます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA