【ビジネスバッグ】リュックvs手持ちタイプどっち派??

スポンサードリンク

今回は、ビジネスバッグについて書こうと思います。

最近年齢に関係なく、リュック型のビジネスバッグを使用している方がいると思います。

まず基本的に営業職などの顧客先に訪問する職種の方は、リュックタイプのカバンは避けておいたほうが無難です。

外でよく見かける方は、手持ち、ショルダー、リュックの3種類の機能を持つ、

3wayタイプのビジネスバッグを使用している方がほとんどです。

 

by カエレバ

 

上記のタイプがそれにあたります。

メリットとして、

・両手がフリーになる(動きやすい)

・肩で背負う分、感じる重さを軽減できる

・スポーティーな印象を与える

などが挙げられます。

デメリットとしては、

・背中が熱い

・リュックの背負う部分が傷みやすい

・物を取り出しにくい

といったところが挙げられるかと思います。

使用する上での注意点ですが、

スポンサードリンク

リュックの肩掛けの部分は3wayであれば、収納できる場合がほとんどです。客先に訪問する場合は、肩掛けの部分を収納し、手持ちで訪問するようにしましょう。

 

対して、

 

by カエレバ

 

上記の手持ちタイプですが、

メリットとして、

・どのシーンでも使用できるので、無難

・スマートな印象を与える

・物を取り出しやすい

などが挙げられます。

デメリットとして、

・毎日中身が重いと、手にマメができる

・重さを感じやすい

などが挙げられます。

 

流行や職種などもあるので、一概には言えないですが、

個人的には、手持ち型のバッグが無難で、おすすめかなと思います。

中身があまりに重い場合、機能的な面でリュックを選択するのもアリですが、

その際は、さきほど記述した肩掛けの部分を収納してから訪問することにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA