【Amazon Echo】Bluetoothが内臓されていないデスクトップPCで活用する

スポンサードリンク

かなり遅くなっちゃいましたが、Amazon Echo(アマゾンエコー)のデスクトップPCでの活用について書こうと思います。

本記事は、筆者の備忘録的な要素もありますので、あくまで筆者がどうペアリングをして、活用しているかをご紹介させていただくという内容になります。

あと筆者が使用しているPCはWindows7のマシンなので、そのほかのOSについては、厳密にはわかりませんがおそらくエコーとのペアリングには問題ないかと思います。

まず、Amazon Echoは、有線で接続ができませんので、Bluetoothで接続することになります。

PCにBluetoothが内臓されている場合は、特に問題なく接続ができるかと思います。

PCにBluetoothが内臓されているかを知る方法は、

左下のwinアイコンをクリックして「プログラムとファイルの検索」に上記の文字を打ち込んで、真ん中の「デバイスマネージャー」を選択してください。

Bluetooth内蔵だと上記の画像のように表示されます。

ない方は、別途増設する必要があります。
筆者は、下記のBluetoothアダプタを購入して、増設しました。
確か、1,500円くらいだったと思います。

 

by カエレバ

 

これで準備はOK。

スポンサードリンク

じゃ、接続しますかということで、「デバイスの追加」を選択して追加しようとしても筆者の場合、追加することができませんでした・・・。レシーバーがアマゾンエコーを認識してくれなかったのです。

さきほどの「デバイスマネージャー」の「Bluetooth 無線」の項目がデフォルトで「Generic Bluetooth RADIO」となっていたことが原因だったようです。

ちゃんとした理由はわかりませんが、筆者はこれを「Generic Bluetooth Adapter」に変更することで、認識されるようになりました。

変更の仕方は、さきほどの「Generic Bluetooth RADIO」(画像では、「Generic Bluetooth Adapter」となってますが)を右クリックし、「ドライバー ソフトウェアの更新」をクリックします。

①「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」
②「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」

③「Generic Bluetooth Adapter」を選択する。

この手順で、変更できます。

これで、筆者はなんとかアマゾンエコーをBluetoothが内臓されていないデスクトップPCとペアリングすることに成功しました。

参考までにどうぞ。

ただ、Bluetoothの宿命ではありますが、若干音ズレがあります。ただそれを補ってあまりある便利さですので、PCでの活用も全然アリだと思いました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA