【AAC/aptX対応!】Bluetoothイヤホン JPA2 Live (JPRiDE)使ってみた感想【90点】

スポンサードリンク

またまたガジェット系のレビューとなりますが、iPhone Ⅹに機種変更したことをきっかけに、Bluetoothイヤホンも買ってしまいました。

購入したのはコチラになります。

by カエレバ

 

意外に色々付属品がありました。

ちなみに写真には入っていないですが、充電するためのmicroUSBケーブルと有線接続するためのケーブルが入っています。

筆者のイヤホンの選択の基準は、

・Bluetoothイヤホンのコーデック※が「AAC」対応の製品であること(Androidの場合は、「apt-X」対応)
・値段が手ごろ(5,000円未満)
・音質が優れていること
・AirPodsのようにイヤホンの左右が独立していないこと

※コーデックとは、音声データを転送する際に、圧縮/展開するための規格です。

この4点です。

まず、AAC/apt-Xに対応していないイヤホンは「SBC」というBluetooth標準のコーデックで転送されてしまいます。

このへんの細かい話は割愛させていただきますが、iOSデバイスはAACコーデック対応、Androidデバイスはapt-Xコーデック対応なので、
要はそれぞれに合った規格のイヤホンを使用するほうがより高音質で聴けるよねということです。

スポンサードリンク

今回ご紹介しているイヤホンは、AAC/apt-Xどちらにも対応しています。

そしてなんといってもこのイヤホンは、値段とても手ごろです。
筆者が買った時は、セール価格2,000円弱で買えました。(2/4時点では,¥3,280のようです)

音質の面ですが、なんかはじめは音が籠っているような感覚がしていましたが、
使っていくうちにエージングされてかなり音が良くなりました。

ただiPhone純正の有線イヤホンと比べると、やっぱり有線のほうが個人的には音質がいいような気はします。
Bluetoothイヤホンの中では、かなり音質がいいほうだと思います。(AirPodsは持っていないので、わかりませんすみません・・・)

具体的には、低音がちゃんと出ていますが、高音が強くドンシャリ系の音質だと感じます。

AirPodsなどの左右独立のイヤホンを選択肢に入れなかった理由は、ただポロっとおとして失くしたら嫌だなーと思っただけです。

またこのイヤホンは、ペアリングも簡単ですしバッテリーも4~5時間持ちます。
音量調節バーも押しやすくシンプルで使いやすいのですが、

バッテリーが少なくなってきたとき、「battery low 」と一定の間隔で外国人のお姉さんが話しかけてくるので、それが少し微妙なところです。

ただ総合的に見て、初めてのBluetoothイヤホン購入であれば、
まず間違いはない商品だと思います。

ただなんやかんやAirPodsもすごく評判がいいので、
値段は高いですがこちらも間違いないと思います。

 

by カエレバ

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA