【週刊少年ジャンプ】2018年44号 感想【65点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

1週間遅れです・・・。
44号は、火ノ丸相撲が表紙・巻頭カラーです。

それでは44号の掲載順です。

1.火ノ丸相撲(9)
2.鬼滅の刃(5)
3.ワンピース(2)
4.アクタージュ(6)
5.約束のネバーランド(3)
6.呪術廻戦(1)
7.ミストの怪剖録→読切(-)
8.僕のヒーローアカデミア(11)
9.ブラッククローバー(14)
10.ぼくたちは勉強ができない(17)
11.ハンターハンター(4)
12.思春期ルネサンス!ダビデ君(10)
13.ドクターストーン(8)
14.ハイキュー!!(13)
15.ゆらぎ荘の幽奈さん(15)
16.食戟のソーマ(16)
17.アリスと太陽(18)
18.総合時間事業会社 代表取締役社長専属秘書 田中誠司(19)
19.ジモトがジャパン(7)

スポンサードリンク

ワールドトリガー→休載
※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

下位はかなり安定しているんですよね・・・。

それでは本編の感想を書きます。

火ノ丸相撲


鬼丸が闇ゾーンを抜けてから、また復調の兆しですね。

ワンピース


タイムトラベラーまで・・・。
もうめちゃめちゃですね。

アクタージュ


最近面白いんだよなあ。
ここ最近特にひきこまれますね。

約束のネバーランド


これはなんかもう完全に敵ですね。
ラートリー家が秩序・・・?

呪術廻戦


真人の領域展開かっけえ!
ナナミンどうなる・・・?

ハンターハンター


結構絵気合い入ってましたね。
個人的には適当でもいいから毎週描いて欲しいんですけどね。

ハンケンブルグは候補の中でも強そうホイな。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA