【バトル系オススメ漫画】ワールドトリガー【遅効性SFマンガ】

スポンサードリンク

出典:http://worldtrigger.info/

今回は、ジャンプSQ(スクエア)で絶賛連載中の
『ワールドトリガー』を紹介します!

『ワールドトリガー』とは?


『ジャンプSQ. 』で月刊掲載されている葦原大介先生作の漫画です。
元々は、『週刊少年ジャンプ』で掲載されていましたが、2014年に単行本2ヶ月連続刊行という荒技をやってのけた後、代償に首と肩を持って行かれ、休載&休載の後、ジャンプSQ.にお引越ししました。
2019年5月6日時点では、19巻まで発売しています。

どんな話?


ある日突然異世界からの門(ゲート)が開き、「近界民(ネイバー)」という敵が侵略しにきました。「ボーダー」と呼ばれる防衛機関が、そのネイバーを撃退し、依然として存在し続けるゲートからの侵入者を撃退し民間人を守っています。
ボーダーに所属する主人公”三雲修”がネイバーである”空閑遊真”と出会うところから物語がはじまり、ネイバーに連れ去られた、あるいは行方不明になってしまった修に関わる人物を取り戻そうと奮闘する物語になっています。

スポンサードリンク

どこが見所?


何と言っても、主人公である修の頭脳戦と成長が見どころです!
修は戦闘員としての適性があまりなく、周りからも戦闘力で見ると雑魚キャラ扱いされています。
しかし、自分の持っている武器、仲間、状況などを最大限に活用し、勝利していくことで、
少しずつ周りから一目置かれていきます。
また、相棒である遊真が正直強すぎて敵に勝利するシーンはとても気持ちいいです。

キャラクターがとても多いですが、それぞれしっかりキャラクターを持っていて、一つひとつの戦闘がとてもボリュームのあるものになっています。
必ずといっていいほど、心理戦、読み合いが展開されるので頭を使った展開が好きな方は、100%満足すると思います!!

また、絵もとても見やすく女の子もみんな可愛いですよ〜

ぜひ読んでみてください!!


ワールドトリガー 1 (ジャンプコミックス)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA