【週刊少年ジャンプ】2020年02号 感想【55点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2020年02号は、新連載の「AGRAVITY BOYS」が表紙・巻頭カラーです。
2019年の最後にバタバタと連載終了しましたからね。
補充しないと。

以下、02号の掲載順です。

1.AGRAVITY BOYS(-)
2.鬼滅の刃(2)
3.ハイキュー(8)
4.僕のヒーローアカデミア(5)
5.ブラッククローバー(11)
6.ZIPMAN!!(1)
7.アクタージュ(6)
8.ドクターストーン(4)
9.ぼくたちは勉強ができない(10)
10.チェンソーマン(9)
11.呪術廻戦(7)
12.約束のネバーランド(12)
13.ゆらぎ荘の幽奈さん(14)
14.ミタマセキュ霊ティ(17)
15.夜桜さんちの大作戦(16)
16.サムライ8八丸伝(18)
17.トーキョー忍スクワッド(20)→連載終了
18.ドクターストーン reboot:百夜(21)

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

ワンピース→休載
ハンターハンター→休載

前回中盤がすこし上にあがっています。
ワンピースってなんか1ヶ月に1回は絶対休載がある気がするんですが、
気のせいですかね。

スポンサードリンク

それでは本編の感想を書きます。

AGRAVITY BOYS


SFチックな漫画が始まりました。
結構ギャグ詰め込んでいて面白かったです。
人類4名の生き残り(仮)からどう展開されていくのか楽しみですね。

鬼滅の刃


過去編スタートです。
なんで鬼滅の過去編はこんなに重いの?
半端ない・・・。

僕のヒーローアカデミア


新展開です。
白雲朧とかいう相澤先生たちと同期らしき人が出てきました。
こいつが敵連合の中核らしいです。
相澤先生たちを呼んだのは記憶があるかとかを探るためですかね。

チェンソーマン


デンジのこのデタラメさがいいんですよね。
ついにレゼとデンジのタイマンですね。

呪術廻戦


結構考えながら悠仁は戦ってますよね。
軽くバッタを撃破です。
そしてついに真人の姿が!呪術師が何人かやられそうですよね。

約束のネバーランド


ピーターラートリーと水面下で激突していますね。
ピーターラートリーはげに厚かましいだけあって、手段を選ばずきていますよね。

ミタマセキュ霊ティ


密かにギャグセンスがあって見ています。
今週も結構テンポよくて面白かったです。

トーキョー忍スクワッド


結構面白かったんだけどな。
唐突に数年後系の終了の仕方でした。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA