【週刊少年ジャンプ】2020年25号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2020年25号は、呪術廻戦が表紙・巻頭カラーです。
連載2周年記念です!
まだ2年しか経ってないんですねー。
アニメ化もしますし、まさに順風満帆です。

以下、25号の掲載順です。

1.呪術廻戦(13)
2.ワンピース(-)
3.約束のネバーランド(2)
4.タイムパラドクスゴーストライター(1)
5.マッシュル- MASHLE-(7)
6.ハイキュー(3)
7.ユーゲンと女霊学級(-)→読切
8.ボーンコレクション(10)
9.僕のヒーローアカデミア(8)
10.ドクターストーン(9)
11.夜桜さんちの大作戦(16)
12.森林王者モリキング(4)
13.ブラッククローバー(5)
14.チェンソーマン(17)
15.ぼくたちは勉強ができない(11)
16.アンデッドアンラック(12)
17.アクタージュ(15)
18.ミタマセキュ霊ティ(14)
19.ゆらぎ荘の幽奈さん(20)
20.AGRAVITY BOYS(18)
21.魔女の守人(19)

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

ハンターハンター→休載

大体中堅〜上位は安定どころですね。

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

呪術廻戦


特級相手に1級術士が二人がかりでもダメージを与えられないとは・・・。
虎杖や伏黒はやはり別格クラスなんでしょうかね。
禅院(父)も結構圧倒してましたが、領域に引きずり込まれてしまいましたね。
この領域は、いつも夏油や真人たちがいたところですかね??

スポンサードリンク

ワンピース


ついに開戦ですね!
アプーの横槍が入り、ルフィとゾロにダメージが入りました。
アプーは強いのか・・・?
次号でアプーvsキッドですが、再び休載・・・。(笑)

約束のネバーランド


約束の履行をし、人間界へ。
”ごほうび”はなんと何も無しというオチでしたね。
結局あのチートキャラはなんて読むんだろうか・・・。

タイムパラドクスゴーストライター


ついに「ホワイトナイト」作者の藍野伊月と出会してしまいましたね。
一体どうなることやら。
あと別作品の『シュタインズゲート』のパクリと言われて騒がれていますね。
確かに少しかぶるところはある気がしますが(笑)

マッシュル- MASHLE-


七魔牙(マギアルブス)と接触です。
なんかよくわかんない魔法を使う奴がいますね。
これもちょっとハリーポッターとかぶるんだよなあ(笑)

ユーゲンと女霊学級


『食戟のソーマ』作者コンビの読み切りです。
久しぶりに本誌で見ましたが、やっぱり絵がうまくて内容も面白かったです。
女好きのいろいろな肩書きを持つ、本職霊媒師の臨時教師が、
女子校の生徒たちを救っていく漫画です。

チェンソーマン


ハロウィンにより、サンタクロース完全撃破ですね!
正直別作品ですが、『ボボボーボ・ボーボボ』みたいな倒し方でしたね(笑)
そしてマキマさんが怖すぎる・・・。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA