【週刊少年ジャンプ】2020年33号・34号 感想【55点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2020年33、34号は、ワンピースが表紙・巻頭カラーです。
23周年記念&ワンピースの日記念だそうです。
ハイキューが最終回なのに、巻頭カラーじゃないとはね。

以下、33、34号の掲載順です。

1.ワンピース(-)
2.ドクターストーン(7)
3.僕のヒーローアカデミア(-)
4.呪術廻戦(2)
5.あやかしトライアングル(13)
6.チェンソーマン(5)
7.僕とロボコ(4)
8.アンデッドアンラック(11)
9.ハイキュー(1)→連載終了
10.灼熱のニライカナイ(8)
11.ミタマセキュ霊ティ(20)
12.こちら葛飾区亀有公園前派出所(-)→読切
13.破壊神マグちゃん(6)
14.銀色のセブン(-)→読切
15.ブラッククローバー(15)
16.マッシュル- MASHLE-(3)
17.ぼくたちは勉強ができない(14)
18.アクタージュ(12)
19.夜桜さんちの大作戦(9)
20.森林王者モリキング(10)
21.タイムパラドクスゴーストライター(16)
22.AGRAVITY BOYS(17)
23.ボーンコレクション(19)
24.ブンキテン(21)→電子連載限定

スポンサードリンク

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

ハンターハンター→休載

下位は安定ですね。
森キングとタイパラ、ボンコレは早くも危ないラインにきましたね。

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

ワンピース


ヤマトも腕にルフィと同じ錠がついてたっぽいですね。
20年もつけられてる上に、外し方も知らないあたりあんまり戦力にはならなさそうですかね。

僕のヒーローアカデミア


インターン生に頼る状況だなんて、よっぽど戦力不足なんでしょうね。

呪術廻戦


宿儺相変わらず無茶苦茶な強さですね。
炎を操っていますが、宿儺の術式は1つじゃないってことなんでしょうか。
これで虎杖に宿儺の術式が刻まれ、使えるようになるフラグか!?

チェンソーマン


同じ作者なので当たり前ですが、なんとなく展開がファイアパンチっぽいですね。
遊んでいると幻覚を見て、実は人間をどんどん消していると・・・。
悲惨ですね・・・。

ハイキュー


大急ぎでたたみにいった感が(笑)
最後はバレーのルール説明で終わるところはなんかよかったですね。
次回作に期待です!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA