【NBA】ジェームズ・ハーデンのシュートフォームを考察してみる

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

今回はNBA2020-2021シーズン、ブルックリン・ネッツに移籍した、ジェームズ・ハーデンのシュートフォームを考察してみたいと思います。

ハーデンといえば、超オフェンスマシーンで知られていますが、

①  ユーロステップ
②  ステップバックからの3p
③  力感のないヌルヌル抜くドライブ

 

個人的はこの3つが大きな特徴だと思います。今回は②について考察したいと思います。

ハーデンのシュートは雰囲気抜群で力感のないフォーム、個人的には理想のシュートフォームだと思います。

では早速行ってみましょう。

スタンス


スタンスはやや広めに取っており、リリースハンドと同じ足(左足)が少し前になっています。
ま、これは基本ですね(笑)
ディップ中は既に膝が曲がっており、足が内股気味になっていますね。

ボールの持ちかた


ボールをもらうときは、リリースハンドは横付けになっていますが、
モーションに入ると同時にボールの中心部にスライドさせています。

指は広げてボールを持っており、手のひらとボールは若干の隙間が見えます。

ディップ


ディップは、大体股関節のあたりからスタートしています。

スポンサードリンク

シュートモーション


1モーション気味の2モーションですね。
2モーションなのですが、相当クイックモーションです。
めちゃくちゃ早いです(笑)


おでこの位置あたりに、ボールセットがされたあたりでジャンプの動作に入っています。
また、顔は少し上方向を向いています。

リリース


おでこのあたりからリリースしています。
NBAでは、結構リリースポイントが低い方なのではないかと思います。

よりクイックリリースにするために、ここからにしているのでしょう。

またしっかり脇を閉めており、リリースハンドの肘の角度が11時〜12時ごろの方向になっています。

ガイドハンドは、真っ直ぐ伸ばさずにリリースハンドのみ真っ直ぐに伸びています。

とりあえず自分のわかる範囲で考察してみました。
また気づいたところがあれば、また追記か別で書いてみようと思います。

ご参考になれば嬉しいです!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA