【週刊少年ジャンプ】2021年8号 感想【50点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年8号は、新連載の逃げ上手の若君が表紙・巻頭カラーです。

以下、8号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.逃げ上手の若君(-)
2.僕のヒーローアカデミア(6)
3.Dr.STONE(ドクターストーン)(1)
4.呪術廻戦(3)
5.ブラッククローバー(5)
6.マッシュル- MASHLE-(4)
7.破壊神マグちゃん(16)
8.SAKAMOTO DAYS(7)
9.僕とロボコ(8)
10.あやかしトライアングル(12)
11.ツクモギリライフ(-)→読切
12.夜桜さんちの大作戦(9)
13.アンデッドアンラック(15)
14.BUILD KING(ビルド キング)(13)
15.灼熱のニライカナイ(14)
16.仄見える少年(18)
17.ぼくらの血盟(20)→連載終了
18.高校生家族(17)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
ONE PIECE (ワンピース)
ハンターハンター

 

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

スポンサードリンク
逃げ上手の若君
『暗殺教室』、『魔人探偵脳噛ネウロ』の作者で知られる松井優征先生の新連載です。今回は歴史上の人物を主人公にした、逃げるのが上手い若君の、逃げることで英雄となり、生きることで伝説となる話です。この作者は考察させられる作品が多いので、今回も楽しみです。また今作は初っ端からだいぶダークな展開で、仲間から裏切られて逃げるというところからスタートします。今後どうなるか楽しみな作品ですね。
僕のヒーローアカデミア
後日談的な展開です。死柄木側では少し内部分裂が起きそうな感じです。また、轟焦凍のお見舞いに「ん?」と思う人物が来訪したようです。そして緑谷出久が目を覚まさないっぽいです・・・。
呪術廻戦
九十九由基は、夏油の正体に気づいてそうですね。そして九十九と夏油の考えは真っ向から真逆のようです。・・・が、夏油は真人すらも計算の上で利用してたっぽいので、先手を打った感じですね。伏黒(姉)がここから物語に深く関わってくる感じかー!?
SAKAMOTO DAYS
引き続き、シンvs銀髪の男です。なんか銀髪の男がぶん殴られてる時の顔シュールで面白いですね(笑)やっぱ坂本さん強いなー(笑)
アンデッドアンラック
今回あっちー展開です!安野雲のおかげで未来が覆り、分岐点を突破しました!!次号どうなるか!
BUILD KING(ビルド キング)
ツーバイフォーは、よくわかんないですけど、だいぶ凶悪な屋獣だったらしいです(笑)太古の時代と言っているので、だいぶ古株さんのようですね。
「その屋獣とはかかわるな」という王の真意が気になりまスネー。そして話は進み、ビルオン(正式名:ビルドユニオン)の組織ライセンスを取りに行く展開です。
灼熱のニライカナイ
やっぱりバトル展開となると面白くなりますね。梶金之助がまさかの仲間になっていました。ギャングも仲間になるんですね。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA