【レビュー】Nike LeBron 18 LOW(レブロン 18 ロウ) 履き心地【バッシュ】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

今回は、Nikeのバスケットボールシューズから、Nike LeBron 18 LOW(レブロン 18 ロウ)のご紹介をさせていただきます。

NBA 2020-2021シーズン ロサンゼルス・レイカーズ所属のレブロン・ジェームズ選手のシグネチャーモデルです。
レブロンシリーズ18作目のローカットモデルですね!!

お値段は、Nike公式で¥19,250税込)です。

Nike 公式 HP LeBron18LOW

Nike公式では、この1色とピンクカラーのモデルがあります。

Nike 公式 HP LeBron18LOW

スペックなどについては、こちらをご覧ください。
【Nike】2021.2.15 発売予定!新作モデル LeBron 18 LOW(レブロン 18 ロウ)

レブロンジェームズは、正直どこでもできる選手です。キングですからね。
最近は司令塔(PG)をやったりとプレイメーカー的なイメージなっていますが、3pもありますし、ドライブもあります。万能な動きができるよう設計されているはずなので、やはりオールラウンダー向けのバッシュになりますね。

海外のレビュー

海外サイトのTHE HOOPS GEEKではまだレビューは出てませんでした!(※2021/03/13時点)出たら更新します。
2021/4/4 更新 海外レビューが出ていました!

THE HOOPS GEEK

意外にも辛口評価です。
個人的には、相当半端ないと思っていたクッションも海外レビューだと少し辛口気味ですね。バランスのいい評価となっていますが、平均ptは少し低めの評価になっています。
シューズ幅が狭め(narrow)なのは、納得です。レブロンシリーズはなんか幅が狭いんですよね。

スポンサードリンク
個人レビュー

個人的に大好きシリーズなので、ウキウキでした。
とりあえず現代NBAの”顔”、”キング”の最新モデルなのでそれだけで買う価値ありですよね(笑)
そもそも毎回カッコ良すぎるので、それだけで履きたくなります。

さて、レビューになりますが、やはり予想通りレブロン18で気になっていたシュータンの部分が改善されています。全く痛くありません。

そして、このローカットモデルもエアーがパンッパンに入っているので、クッション性抜群です。こりゃ飛びやすいわって感じです。

Nike 公式 HP LeBron18LOW

見てくださいこのエアー。かかとに力入れて体重を乗せると沈む沈む半端ないです。

トラクションも問題なく、ダッシュ&ストップも確実に問題なしです。

Nike 公式 HP LeBron18LOW

また一番気に入っているところは、シューズを履いた時のホールド感です。
これは、レブロン17LOWを履いた時も感動しましたが、今回はそれを上回る感動です。
上記の画像のかかとの部分を見てください。包む気マンマンです。
実際包まれます。

ソールが厚いので、一瞬これローカットか?と思いましたが、
履くと一応ちゃんとローカットでした。ミドルカットと中間くらい?の印象ですね。

迷ったら黙って買え。の一足かと思います!!
参考になれば幸いです!!

着用サイズ

26.5cmを着用しました。
かかとの部分がすごく盛り上がっているので、26.5cmでも問題ないといえばないのですが、心配な方はハーフサイズアップをオススメします。

点数

個人的には、90点です。

<<Dの足の情報>>
■ 足長

右:25.6cm
左:25.4cm

■ 足幅

右:  9.9cm
左:10.0cm

■ 足囲

右:23.7cm
左:24.0cm

■ 足甲高さ

右: 6.2cm
左: 6.1cm

■ かかと幅

右: 6.6cm
左: 6.5cm

■ 足のタイプ

ギリシャ型

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA