【週刊少年ジャンプ】2021年35号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年35号は、『僕のヒーローアカデミア』が表紙・巻頭カラーです。


以下、35号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.僕のヒーローアカデミア(8)
2.キメツ学園!(-)→読切
3.ENDEAVOR’S MISSION(僕のヒーローアカデミア)(-)→読切
4.ONE PIECE(ワンピース)(1)
5.呪術廻戦(-)
6.アオのハコ(11)
7.アンデッドアンラック(3)
8.NERU-武芸道行-(9)
9.SAKAMOTO DAYS(17)
10.レッドフード(5)
11.僕とロボコ(15)
12.DC3(-)→読切
13.ブラッククローバー(6)
14.高校生家族(18)
15.マッシュル- MASHLE-(13)
16.破壊神マグちゃん(16)
17.逃げ上手の若君(14)
18.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(12)
19.あやかしトライアングル(21)
20.ターゲットサイベリアン(-)→読切
21.夜桜さんちの大作戦(10)
22.アメノフル(20)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
Dr.STONE(ドクターストーン)
ハンターハンター

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

僕のヒーローアカデミア

おそらく出久が復活します。

みんなの個性をフル動員して、出久の動きを止めました。
+で説得もあり、出久の戦意がおおよそ喪失します。

次号あたりで爆轟が出久をぶっ飛ばして終わりですね(笑)

ONE PIECE(ワンピース)

大和の悪魔の実が明らかになりました。

幻獣種 モデル”大口真神(オオクチノマカミ)“のようです。
※大口真神はオオカミの古名で、オオカミを畏怖して神と呼んだものだそうです。

ワノ国の守り神らしいです。

そして舞台が変わり、ロビンvsブラックマリアに移行します。

ロビンのサンジに対する評価がかっこよかったです。
「彼こそ海賊の両翼に相応しい男」・・・かっこいいですね(笑)

もう一人は、誰だ?

スポンサードリンク

ゾロでしょうね・・・。

呪術廻戦

秤金次勧誘です。

秤金次は現在栃木県の立体駐車場跡地で賭け試合の胴元をしているようです。

聞くだけでもうアウトロー感満載ですね。

そこに伏黒と虎杖が知らないふりをして潜入します。

賭け試合のファイターとして、虎杖が潜入に成功しますが、なんとそこにはパンダも潜入していました。

パンダも同じ目的で潜入しているようでしたが、秤金次の側近の3年生に手を焼いている様子。

その側近の名は、星 綺羅羅(ほし きらら)。

警備の柱っぽそうですが、能力は現状不明です。
そして秤金次の現在の彼女でしょうか。

アンデッドアンラック

風子がアンディにスプリング突入日を伝えることに成功します。

そして最小限・最大限で情報を伝えることに成功します。
突入日、アジト、メンバー構成・現状わかっている能力です。

素晴らしいですね。

アンディからは、スプリングの能力、今後のミッションです。

スプリングは、人を桜に変えるというやばい能力です。
条件は、舞っている花びらに触れること。

アンダーの友才に接触し、友達になればなんとかなるようです。

途中でビリーの横槍が入り、通信が切られてしまいますが、
アンディは今後の奪還計画に進みます。

SAKAMOTO DAYS

日常編です。妻である葵との結婚記念日のようですね。

坂本がサプライズを計画しますが、さまざまな殺し屋の横槍が入り、

はじめは葵にバレないよう、軽くいなしていた坂本ですが、

全員で始末しにかかってきたため、結局バレてしまいます。

それにブチ切れた坂本が全員をあっさり仕留めますが、結果的には失敗に。

それでも葵に気持ちが伝わる、いい話でした。

レッドフード

中ボスだか、大ボスだかが乱入してきました。

グリムは、「百砲のグリム」と敵側に呼ばれており、それなりに名が売れている狩人のようですね。

敵側には、灰の魔女(シンデレラ)と呼ばれているものがおり、派手に炎をぶちまけた後、最後に「血の目録(レッドリスト)」が再び動き出す、と狩人組合に伝言を残しました。

つまり人狼だけじゃなく、色々な生物が敵として今後出てきそうな感じですね。

アメノフル

入江先輩vs刺客(残りの二人)です。

1vs2ということもあり、入江が押され気味でしたが、
なぜか入江は終始余裕がありました。

そしてある程度時間が稼げたことを確認すると、ついに入江が金ぺい糖をたべ、「今から本気ね」といいます。

五菓子(ステラアントルメ)って生身でもめちゃくちゃ強いんですね。

途中寒いギャグみたいなやりとりがあったのが少し気になりましたね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA