【週刊少年ジャンプ】2020年51号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2020年51号は、新連載「SAKAMOTO DAYS」が表紙・巻頭カラーです。
これもまた読み切りでありましたね。

以下、51号の掲載順です。

1.SAKAMOTO DAYS(-)→新連載
2.ドクターストーン(5)
3.ワンピース(2)
4.BUILD KING(ビルド キング)(1)
5.呪術廻戦(7)
6.マッシュル- MASHLE-(8)
7.僕とロボコ(6)
8.アンデッドアンラック(16)
9.破壊神マグちゃん(12)
10.チェンソーマン(9)
11.ブラッククローバー(-)
12.ぼくたちは勉強ができない(15)
13.夜桜さんちの大作戦(4)
14.あやかしトライアングル(11)
15.灼熱のニライカナイ(13)
16.AGRAVITY BOYS(17)
17.森林王者モリキング(14)
18.仄見える少年(10)
19.ぼくらの血盟(19)
20.高校生家族(18)

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

ハンターハンター→休載
僕のヒーローアカデミア→休載

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

スポンサードリンク

SAKAMOTO DAYS


読切でも面白かったやつですね。
元○し屋の坂本が、街に溶け込みながらトラブルを解決する話ですね。
今回の一話目ですが、やっぱり読切だと面白いなー感ですが、
連載となるとどうなるのか気になるところですね。

ワンピース


ヤマトは・・・なんだ?スマイル?悪魔の実?スーロン?
どれでしょうかね。一瞬その描写が見えましたね。
ビッグマムも目的は定かじゃありませんが、カイドウに合流しようとしています。

BUILD KING(ビルド キング)


普通にシャベルさんの迎えの方でした。ナナって人らしいです。鳶職です。
何個かキーワードが出ましたね。
1. ビルドキングは災いの元凶
2. 屋獣の存在
2.については、今回襲ってきた屋獣にナナが何か記憶があるようでしたね。

呪術廻戦


東堂葵の腕が持ってかれました。
まあ普通に領域展開は強いですよね。
宿儺的にもまあ0.2秒はOK?(笑)
ともあれ、東堂葵は離脱からのタイマンですかね。
真人も第二形態になったことですしね。ROUND2です。

チェンソーマン


多勢に無勢な状況で、デンジが押していましたが、
結局やられました。が、なぜかマキマさんが血をデンジに与え、ROUND2に持っていこうとしています。
何が起こるのでしょうかねこれから。

仄見える少年


千手童子編は、決着つかずで流れました。
やっぱり因縁の相手はこんなに早く決着しないですよね。
次号からはまた別の敵と戦っていく感じでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA