【週刊少年ジャンプ】2021年9号 感想【65点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年9号は、新連載の『アイテルシー-i tell c』が表紙・巻頭カラーです。

以下、9号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.アイテルシー-i tell c(-)
2.ONE PIECE (ワンピース)(-)
3.僕のヒーローアカデミア(2)
4.逃げ上手の若君(1)
5.SAKAMOTO DAYS(8)
6.Dr.STONE(ドクターストーン)(3)
7.呪術廻戦(4)
8.夜桜さんちの大作戦(12)
9.マッシュル- MASHLE-(6)
10.BLACK MILK(-)→読切
11.ブラッククローバー(5)
12.僕とロボコ(9)
13.あやかしトライアングル(10)
14.アンデッドアンラック(13)
15.破壊神マグちゃん(7)
16.高校生家族(18)
17.灼熱のニライカナイ(15)
18.仄見える少年(16)
19.BUILD KING(ビルド キング)(14)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
ハンターハンター

 

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

スポンサードリンク
アイテルシー-i tell c
これ面白かったです。
1話からミスリードを盛り込んできた面白いつかみの漫画です。
おそらく主人公は刑事の二月左近(弟)と二月右近(兄)で、メインキャラクターである、犯人に恋してしまう性癖を持っている相生りさに振り回されながら様々な事件を解決していく物語になるかと思います。
個人的には考えながら読む漫画は大好きなので、そういう作品が好きな方にはすごく合うかと思います!
作中曰く、これは「愛の物語」だそうです(笑)
ONE PIECE (ワンピース)
引き続き、四皇VS新世代です。なんかいきなりルフィ達がいきなり四皇と戦えててなんとも言えない気分です・・・。今んとこルフィ達が押していますね。
僕のヒーローアカデミア
ホークスの過去話がメインです。なんで荼毘にホークスの本名鷹見啓悟)という名前がバレたかの答え合わせですね。おそらく母親だろうという考察をホークスはしています。
そしてホークスの原点はエンデヴァーであることもわかりました。エンデヴァーの身も心もガタガタになっているところで復活のきっかけになれるかどうかの分岐点です。
・・・まあ少年漫画的になれるでしょうがね(笑)
SAKAMOTO DAYS
どんでん会(株)の連中が次から次へとやってきます。
この銀髪の男は、タツって呼ばれていることがわかりましたね(笑)
そして新しく出てきた登場人物は、ボイルというハードボイルド気取りのおっさんと帯黒さんという女の子です。
次号は、遊園地のお化け屋敷で両者激突!の予定です。
坂本さんが元・ORDERという噂が出ていたようで、「ORDER」という組織についても要チェックですね(笑)
呪術廻戦
超面白いです!
虎杖悠仁包囲網が着々と(笑)もう詰みそうなレベルです。
乙骨憂太が久々にメインストーリーに出たと思ったら敵として出てきました・・・。てか”特級過呪怨霊”の「折本里香」は解呪したんじゃなかったっけ・・・?
あと、狗巻くん腕取れてるけど、宿儺に巻き込まれた??
しかも五条封印解除は罪、夜蛾正道は死罪、虎杖も死刑執行って虎杖の味方は脹相(お兄ちゃん)だけ?(笑)九十九由基もいるか!どっちに転ぶかわかりませんが。
とにかく情報量が多すぎる話でした。
アンデッドアンラック
熱い展開ですね〜。
アンシーン(不可視)はアンダーに取られていましたね。両目を瞑ることが不可視の発動条件だったみたいです。
そしてアンダーのリップの目的はジュイスのアークを奪い、タイムリープすることでライラという子を救うこと、みたいですね。
ただ安野雲がいうには、アークには乗れず、ラトラまで失う。と意味深なことも。
そんなこんなで次号否定者乱れ飛びのオータム捕獲編最終局面!とのことです〜。
灼熱のニライカナイ
教団の目的は、「大絶滅の夜明け」という海が溢れる大絶滅の日を迎えることのようです。
簡単にいうと、世界が海に沈むということです(笑)
そのためにはどうやら「海神の断片(ポセイトンラコン)」ってアイテムが必要らしいです。エグゾディアみたいですね(笑)
そしていつの間にやら鮫島が海氣八極の使い手になってました(笑)そのうちの「練水」という使い手不明の幻の技をお披露目しました。
結局また主人公は人間をやめる運命にあるのですね(笑)
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA