【週刊少年ジャンプ】2022年30号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2022年30号は『SAKAMOTO DAYS』が表紙・巻頭カラーです。
累計140万部突破!!JCC潜入編大盛況御礼!!表紙・巻頭カラーです!

以下、30号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.SAKAMOTO DAYS(2)
2.僕のヒーローアカデミア(3)
3.呪術廻戦(4)
4.アオのハコ(6)
5.僕とロボコ(9)
6.ルリドラゴン(7)
7.ALIENS AREA(エイリアンズ・エリア)(8)
8.あかね噺(10)
9.すごいスマホ(11)
10.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(5)
11.逃げ上手の若君(14)
12.愚人礼讃(-)→読切
13.シキガミ(-)→読切
14.マッシュル- MASHLE-(16)
15.アンデッドアンラック(19)
16.PPPPPP(ピピピピピピ)(20)
17.夜桜さんちの大作戦(15)
18.高校生家族(12)
19.地球の子(21)
20.ドロンドロロン(17)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
ブラッククローバー
ONE PIECE(ワンピース)

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2022年29号 感想【70点】

SAKAMOTO DAYS

JCC潜入編です

勢羽真冬の兄である、夏生からシンはスラーの情報を引き出そうとしますが、特に知らなそうでした。

データバンクについても聞き出そうとしますが、これまた不発っぽいです。

一方坂本は、寮へ調査しに行きましたが、そこにはスラーのシンボルがズラリ。

何かあると感じたところで、生徒に襲われます。

が、カップ麺ができる3分が経過する前に倒してしまいました。

次号引き続き情報収集です。

スポンサードリンク
僕のヒーローアカデミア

vs AFOです。

吹っ切れたエンデヴァーは、ホークスと共闘し、AFOを押し始めます。

AFOは思うように打開できず、「手負いのヒーローが最も恐ろしい」とコメントします。

超再生がないAFOは、かなり瀕死に追い込まれ、いよいよトドメが刺せる、というところで、壊理の再生を使用します。

エンデヴァーは生存できるか?!

呪術廻戦

秤vs鹿紫雲です。

前号でボーナス終了と同時に腹を抉られた秤ですが、すぐさま領域展開をしていました。
ボーナスを引くにも間に合わないと予想していた鹿紫雲ですが、時短潜伏の突発大当たりを引き、再び不死身モードへ。

その後、海へ鹿紫雲を突き落とし、電気の呪力を空にしようとします。

が、塩素ガスを発生させられ、秤も海に落とされてしまいます。
不死身モード終了まで残り5秒というところで、海から出るか・攻めるかの二択で秤は攻めを選択しました。

鹿紫雲が最後に秤の左上を掴み吹き飛ばそうとしたところで、32号へ続きます。秤は無事なのか?!

※31号は呪術廻戦休載です。

あかね噺

可楽杯の決勝スタートです。

審査員には、阿良川一生、一剣、榊 龍若の3名が明らかになりました。

志ん太を破門にした時の審査員が一剣or榊であることが明らかになっています。

そして、一生はだいぶ丸くなっていました。
練磨屋からしからすると、若者に理解のあるアピール、らしいですが・・・。

そして次号はからしの高座です。

どうやら改作落語らしいです。

マッシュル- MASHLE-

神覚者たちが次々とやられてしまいました。

絶望した人たちは、マッシュを生贄にしようと敵に回ります。

マッシュはまだぜんまいを回しきれていないため、復活していません。

どうなるか?!

アンデッドアンラック

アンディvsニコ決着です。

どうやらUMAゴーストの概念追加で、めんどくさいことになったみたいです。

ニコの自我が消えたことで、UMAゴーストがニコの体を乗っ取り、フェーズ2に移行してしまいました。

しかし、ニコがなんとか自我を取り戻し、風子のゴーストを解放します。

そして、UMAゴーストを殺した時にルールが消えるまでに少しラグがあるようで、そのラグの間に風子のゴーストを体に入れるよう、ニコに言われました。

アンディは間に合うのか?!

ドロンドロロン

黒幕である宮本ハンゾウは、塚原総隊長の兄弟子であることが明らかになりました。

ちなみに塚原は今まで宮本に勝てたことはないみたいです。

そして、宮本の目的は、塚原の師が命を賭して封印した「不死のモノノケ」の解放と思われるようです。

その封印を解除するためには、ドラとクサナギの特殊な力が必要みたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA