【週刊少年ジャンプ】2021年31号 感想【55点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年31号は、2連続新連載の第二弾『NERU-武芸道行-』が表紙・巻頭カラーです。


以下、31号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.NERU-武芸道行-(-)→新連載
2.マッシュル- MASHLE-(7)
3.ONE PIECE(ワンピース)(2)
4.アオのハコ(5)
5.ブラッククローバー(6)
6.レッドフード(1)
7.僕とロボコ(18)
8.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(12)
9.Dr.STONE(ドクターストーン)(4)
10.SAKAMOTO DAYS(13)
11.あやかしトライアングル(10)
12.高校生家族(9)
13.夜桜さんちの大作戦(11)
14.逃げ上手の若君(8)
15.アンデッドアンラック(15)
16.アメノフル(20)
17.バックトゥ・アタック勇者(-)→読切
18.クーロンズ・ボール・パレード(16)
19.破壊神マグちゃん(14)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
僕のヒーローアカデミア
呪術廻戦
ハンターハンター

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

NERU-武芸道行-

武芸家の物語です。

昔読切でやっていたやつですね。

五老海練磨(いさみねるま)という主人公の武芸家が拝庭朱琵(はいばあけび)というヒロインの武芸家に出会い、本格的に武芸家の道へ進みます。

次号は、武芸家の学校に入学することになったので、そこからスタートする感じですね。

スポンサードリンク
マッシュル- MASHLE-

まずいですね。フラグが立ちました。

これは、NARUTOの3代目ルートの可能性大です。
ただ、ウォールバーグが最後にイノセントゼロのボスに深傷を与えないと、撤退してくれないですよね・・・。

ONE PIECE(ワンピース)

ジンベエvsフーズ・フーです。

フーズ・フーは、捕まっていた時、「太陽神ニカ」の伝説を聞いたそうです。
そして、それを話した看守は消されたと。

ジンベエが「タイヨウの海賊団」にいたことから知っていることを聞き出そうとしますが、激昂したジンベエにやられてしまいました。

これは何か繋がっている感じですね。

レッドフード

人狼の刺客×2 を撃破です。

前回、村に居ついていた人狼を狩ることに成功しましたが、ナワバリとしていた主がいなくなったことで、またナワバリ争いが発生しました。

それにいち早く気づき、撃破に成功しました。

SAKAMOTO DAYS

おしゃれにラボ占領犯のボスを撃破です。

坂本がめちゃくちゃ強かったのもですが、電車での戦闘をものともしない乗客の皆様もすごかったです。

乗客への配慮も坂本は完璧でしたね。

アンデッドアンラック

スプリング討伐編開幕です。

スプリングはめちゃくちゃ酔狂なUMAっぽいですね(笑)
呑気に飲んでいましたが、アンダー側に奇襲で核をうたれます。

ところが、スプリングが持っているサイコロ(アーティファクト)によって効果を打ち消してしまいました。

これにビリー及びアンディが気づき、不運の風子がスプリング戦の要になることが決定します。

次号からは、奪還と討伐がスタートです。

超かっこいい引きでした。

アメノフル

ツムギがルセットの試験に無事合格です。

日常回の中で急に入江がぶっ込んできました。

そして次号は、敵組織の三名が奇襲予定です。

”五菓子(ステラアントルメ)”をターゲットにしているので、おそらく入江がターゲットになるんでしょうかね。

本気が見れるかもしれません!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA