【週刊少年ジャンプ】2022年36・37合併号 感想【70点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2022年36・37合併号は『全員集合ver』が表紙です。
巻頭カラーは、『SAKAMOTO DAYS』です。

日常×非日常殺し屋アクション!コミックス8巻大盛況&JCC潜入編大熱狂御礼巻頭カラーです!

以下、36・37合併号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.SAKAMOTO DAYS(2)
2.ONE PIECE(ワンピース)(1)
3.僕のヒーローアカデミア(5)
4.あかね噺(4)
5.呪術廻戦(-)
6.こちら葛飾区亀有公園前派出所(-)→読切
7.ブラッククローバー(6)
8.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(7)
9.僕とロボコ(10)
10.ロクの冥約(-)→読切
11.アオのハコ(8)
12.逃げ上手の若君(-)
13.アンデッドアンラック(12)
14.PPPPPP(ピピピピピピ)(13)
15.高校生家族(16)
16.マッシュル- MASHLE-(14)
17.夜桜さんちの大作戦(11)
18.すごいスマホ(15)
19.ALIENS AREA(エイリアンズ・エリア)(17)
20.ドロンドロロン(21)
21.地球の子(19)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
ルリドラゴン

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2022年35号 感想【70点】

SAKAMOTO DAYS

JCC潜入編 シン、アキラ、夏生 vs 佐藤田先生です。

佐藤田先生は、若い頃は超武闘派、合気道の達人で、任務では一度も傷を負ったことがないという噂がある先生みたいです。

また、夏生が協力してくれる理由も明らかになりました。

なんとなく想像ついていましたが、弟である真冬がスラーに囚われているので、それを助けるためでした。

真冬は夏生に無言電話をかけ、それを真冬が察知しました。

助けるためにはJCCのデータバンクに賭けるしかなくなったということで協力してくれることになりましたが、佐藤田先生をどう攻略するのか?

夏生には何か策があるみたいです。

ONE PIECE(ワンピース)

バギー四皇入りの理由?が少し明らかになりました。

クロス・ギルドといって、現在クロコダイルと鷹の目のミホークがバギーと行動しているみたいです。

スポンサードリンク

※ミホークは七武海の撤廃によってまた追われる側になっています。

そのクロスギルドは、海軍に懸賞金をかけているみたいです。
海軍も追われる形になりましたね。

また、ネコマムシとイヌアラシはワノ国に残り、モモの助を守るそうです。
キャロットはモコモ王国の王になります。

そしてプルトンの情報をカリブーが盗み聞きしていました。
「あの人」に知らせないと、と言っていましたが、あの人とは???

僕のヒーローアカデミア

爆轟 vs 死柄木弔 セカンドラウンドです。

爆轟が窮地で覚醒しました。
爆破の個性の副作用でスピードが脅威的になっています。

それで相手の動きを見てかわしたりできているということですね。

死柄木弔も焦りと苛立ちを少し感じていましたが、無常の一撃が爆轟にヒットしてしまい、心臓を貫かれました。

爆轟・・・退場してしまうのでしょうか。

あかね噺

朱音の高座です。

阿良川志ぐまの「寿限無」縛りの理由が明らかになりました。
「了見」を学ぶのにちょうどいいから。だそうです。

「了見」とは、役の心情に寄り添う意識です。
朱音はセンスである程度こなせてしまっていたことから、その了見が抜け落ちてしまっているとのことです。

「寿限無」は、ギャグやアレンジの足し代がなく、シンプルな話なので、ちょうどいいと思ったようです。

審査員である、阿良川一剣は朱音の高座を見て、志ぐまの弟子だと確信しているようでした・・・。

呪術廻戦

加茂憲紀、禪院真希 vs 禪院直哉です。

憲紀は生きていました。
咄嗟に血を間に割り込ませるという簡易盾で防御していました。

そして直哉は、術式も使えるということが明らかになっています。

真希は前回同様攻撃を置いてカウンターを仕掛けようとしますが、
音速を超えてマッハのスピードで繰り出された攻撃に真希はカウンターできませんでした。

今度は真希が生きているか問題です。

アンデッドアンラック

風子のループ前です。

ジュイスがヴィクトル(アンディ)と過ごしていた時にわかったルールなどを教えてくれました。

ループ地点は、回を重ねるごとに後ろへずれ込んでいるらしく、次のループは1800年代ごろの推測みたいです。

そしてジュイスは風子の正義について問いました。
「辛いことも楽しいことも全部人間のせいになる世界」を風子は望んでいることがわかりました。

そしてアンディのデコに刺さっているカードも、アーティファクト(古代遺物)であることがわかりました。

リメンバーというアイテム名で、全てを救う鍵らしいですね。

ドロンドロロン

ヘイスケ ゴウキ ユウサイvs カンベエ、ハンゾウです。

まずはヘイスケとカンベエが遭遇し、1 vs 1でカンベエを撃破します。
カンベエは複数体存在し、1体を除き全て狩りましたが、瀕死の1体を狩るところで、ハンゾウに乱入されます。

そして、ヘイスケがハンゾウに一瞬でやられてしまい、そこにユウサイとゴウキが到着し交戦します。

しかしユウサイもゴウキも一瞬でやれてしまい、ハンゾウがノブナガの解放に向かいます。

ドラとクサナギがヘイスケを見つけ、介抱しますが、
ヘイスケはハンゾウを討つように指示します。

次号はドラ・クサナギ vs ハンゾウになりそうです。
復活阻止できるか?!

スポンサードリンク
Author: d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA