【週刊少年ジャンプ】2021年24号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年24号は、『Dr.STONE(ドクターストーン)』が表紙・巻頭カラーです。


以下、24号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.Dr.STONE(ドクターストーン)(2)
2.呪術廻戦(-)
3.ONE PIECE(ワンピース)(3)
4.僕のヒーローアカデミア(4)
5.マッシュル- MASHLE-(7)
6.高校生家族(15)
7.アオのハコ(13)
8.逃げ上手の若君(1)
9.アメノフル(11)
10.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(5)
11.No one knows(-)→読切
12.僕とロボコ(10)
13.破壊神マグちゃん(14)
14.夜桜さんちの大作戦(16)
15.SAKAMOTO DAYS(6)
16.愛と力(-)→読切
17.灼熱のニライカナイ(20)
18.あやかしトライアングル(17)
19.Jean the Just(-)→読切
20.アンデッドアンラック(12)
21.アイテルシー-i tell c(19)
22.クーロンズ・ボール・パレード(21)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
ブラッククローバー
ハンターハンター

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

スポンサードリンク
Dr.STONE(ドクターストーン)
タイムスキップしました。
7年の時を経て、千空が復活です。スイカが頑張って復活液を作りました。
千空が「早かった」とコメントしている通り、前回はかなり時間が経って復活しているので確かに早いですね。
そして、思ったよりスイカ単品編も早かったです。
呪術廻戦
真希登場です。そして真依も。なんなら母親も父親も登場です。
扇のオジさん(真希の父親)強すぎますね。真希と真依+伏黒を誅殺するらしいです。まずは、真希・真依が・・・。
あと母親の方、まじでハンターハンターかと思うくらいの絵ですね。
ONE PIECE(ワンピース)
うるティがビッグマムにやられました。
めちゃくちゃですね。あっさり倒すじゃないですか。
ビッグマムの新たな力「ヘラ」がだいぶ強いですね。

そしてゼウスが合流しようとするも「いらない」宣言をビッグマムにくらい、ナミにすり寄りましたが、あっさり拒否されビッグマムに一矢報いようとします。

が、エネルギー切れでヘラに食われました。
シリアスなのかギャグ展開にしようとしているのか、本当に最近はおかしくて、はっきりして欲しいですね。

そして、ルフィvsカイドウのシーンに行きますが、お約束通り戦闘はスキップされ、ルフィがやられたところで次号です。

僕のヒーローアカデミア
刺客とは、元公安ヒーロー「レディ・ナガン」 のことでした。
個性が「ライフル」で3km先まで狙えるらしいです。やばい。
一緒にいた男は死穢八斎會の若頭でした。元敵連合と組んでたグループですね。
そして、AFOが「レディ・ナガン」に個性「エア・ウォーク」も与えていました。やっぱり個性与えられるんだ・・・。
あと、出久の行動が完璧に読まれているあたり、AFOは頭も切れそうですね。
マッシュル- MASHLE-
イノセントゼロ乱入です。
ボスが、マッシュのことを「息子」として探していたようです。
本当に息子か?
次号ウォールバーグvsイノセントゼロのボスです。
SAKAMOTO DAYS
まさかのラボの所長がシンにエスパーの能力を与えていました。
そしてシンがラボを出た理由もエスパーの能力を得たからなんですね。
しかしそれがお互いのすれ違いであったこともわかったので、次号本格的に脱獄スタートです。
アンデッドアンラック
シェンが復活です。
復活といっても、土手っ腹に穴が開いたままなので、どうにかするんでしょう。
「僕を殺してくれるかい?」とムイに話し、次号へ続くのですが、これは「不真実」の能力を使って何かしようとしているのでしょうか。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA