【週刊少年ジャンプ】2021年28号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年28号は、『SAKAMOTO DAYS』が表紙・巻頭カラーです。


以下、28号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.SAKAMOTO DAYS(8)
2.Dr.STONE(ドクターストーン)(2)
3.ONE PIECE(ワンピース)(3)
4.呪術廻戦(4)
5.僕のヒーローアカデミア(5)
6.逃げ上手の若君(13)
7.アオのハコ(9)
8.マッシュル- MASHLE-(6)
9.僕とロボコ(16)
10.おれの手は恋をつかめない(-)→読切
11.激高完全サッカー部(-)→読切
12.アメノフル(7)
13.あやかしトライアングル(12)
14.夜桜さんちの大作戦(14)
15.破壊神マグちゃん(15)
16.高校生家族(10)
17.アンデッドアンラック(18)
18.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(17)
19.クーロンズ・ボール・パレード(22)
20.夢操縦(-)→読切
21.灼熱のニライカナイ(19)
22.アイテルシー-i tell c(21)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。

休載
ブラッククローバー
ハンターハンター

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

SAKAMOTO DAYS

坂本さんがまさかの×(スラー)と知り合いのようです。

本人は覚えていないみたいですが(笑)
そして大佛は、ORDERの新人であることが発覚しましたね。

神々廻と大佛は、坂本さんにボスを任せて別の用事に行きました。
どうやら別の目的があるようです。

一方で透明人間vsシンが勃発しており、押され気味でしたが、シンが透明人間に目印をつけ、援軍に駆けつけたスナイパーの平助が撃ち抜きダメージを与えることに成功しました。

ONE PIECE(ワンピース)

ナミがうるティを撃破しました。

スポンサードリンク

ゼウスがヘラに取り込まれかけましたが、ナミが出したクリマタクトによってクリマタクトの中にゼウスが取り込まれたみたいです。

うるティは表面が激硬ですが、ビッグマムにすでにやられおり、満身創痍でした。

ゼウスの雷霆(らいてい)を食らわすことで、見事飛び六胞2人目を撃破です。

一方、ヤマトvsカイドウも勃発です。
ヤマトはルフィと共に海を出ると言っていましたが、仲間になるのでしょうか。

呪術廻戦

禪院家の壊滅です。

正直全然わかりませんでした。
なぜ、真希はなぜ母親をやったのか?真希の母親は直哉をやったのか?
この辺りが正直特に疑問です。

真希がこの後も禪院家の人間を壊滅させ、それを受けて、五条家及び加茂家が御三家の除名を提議しています。
呪術総監部の総監は現状保留にしているらしいですが。

というすごく盛り上がるところで、1ヶ月間の休載です。
メンタル的には通常運転だそうですが、作者いわく早く完結まで描いてしまいたいそうです(笑)

マッシュル- MASHLE-

vsイノセントゼロです。

なぜか中忍試験編のNARUTOを思い出します。
イノセントゼロのボスがウォールバーグの先生を穢土転生してました(笑)

イノセントゼロの目的は、不老不死であり、6人の血の繋がった者の心臓を使って不老不死の心臓を作り実現するそうです。(造体禁忌魔法)

で、心臓を育てる器として6人の子供を作ったらしいのですが、そのうちの一人がマッシュらしいです。
まじで息子だった。

トゲトゲの人は、死者の体にイノセントゼロのボスの血を使って、造られたクローンのようなものらしいですね。

アメノフル

ルセット試験編です。

面白くなってきました。
刺客みたいな人は、どうやら受験者ではなくやはり侵入者ですね。

しかもポップコーン使いというそこそこ強そうな能力です。

海野マモルがやられてしまい、本命の水瀬ツムギが対決します。

アンデッドアンラック

サマー編完結です。

なんか風子とアンディのペアの親密度がどんどん上がっていきます。
そしてみんなの能力をフルで使い、全ウロコ同時撃破を実現しました。

アポカリプスが言うには、これまでのループでサマー討伐はなし得なかったらしいですが、無事討伐できました。

そして最後のシェンとファンの会話がすごくよかったです。
やはりファンはシェン達のことを家族と想っていたのですね。

灼熱のニライカナイ

vs室伏編が終わりました。

やはり南風原はいなくなってしまったんでしょうかね。

このまま連載が終わるか、それとも続編に進むかなんとも微妙なところです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA