【週刊少年ジャンプ】2021年46号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年46号は、『僕のヒーローアカデミア』が表紙です。
巻頭カラーは、『僕とロボコ』です。

以下、46号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.僕とロボコ(3)
2.僕のヒーローアカデミア(2)
3.呪術廻戦(-)
4.アオのハコ(5)
5.ブラッククローバー(12)
6.Dr.STONE(ドクターストーン)(6)
7.PPPPPP(ピピピピピピ)(9)
8.マッシュル- MASHLE-(14)
9.人造人間100(-)→読切
10.高校生家族(10)
11.あやかしトライアングル(16)
12.夜桜さんちの大作戦(4)
13.逃げ上手の若君(7)
14.SAKAMOTO DAYS(15)
15.破壊神マグちゃん(8)
16.アンデッドアンラック(18)
17.かるたかるた(-)→読切
18.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(13)
19.レッドフード(20)
20.NERU-武芸道行-(19)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
ONE PIECE(ワンピース)

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2021年45号 感想【55点】

僕のヒーローアカデミア

スターアンドストライプvs死柄木弔です。

スターアンドストライプの”個性”が明らかになりました。
「新秩序(ニューオーダー)」という個性名で、能力はかなりチート地味ています。

スポンサードリンク

対象に触れた後、その対象名を呼ぶことで、対象に新たなルールを設定できます。
(ルールを設定できるものは一度に2つまでだそうです。)

その能力を使い、死柄木弔を拘束しようとしましたが、死柄木弔には効きませんでした。

考えられるのは2パターン。

(1)死柄木弔の他にまだ人の存在がある
(2)実は死柄木弔ではない

ですね!

呪術廻戦

プロペラオヤジ撃破です。

気絶してしまったため、話は聞けませんでしたが、悠仁を知る人物と接触します。
「甘井凛(あまいりん)」というそうです。

一方的に知っているだけらしいですが、その割には初っ端は「久しぶり、覚えてるか?」でしたね。怪しい。

伏黒が出会ったもの、悠仁が出会ったものどちらも日車の居場所を知っていますが、それぞれ新宿・池袋と、行き先が別々です。

どちらかが罠でしょう。

怪しそうな麗美が実は本当のことを言っていそうですねー。

マッシュル- MASHLE-

ドミナ?が通り魔っぽいことをしていました。

どうやら無差別に人の魔力を吸い尽くしているらしいです。
ドミナの強さに秘密がありそうですね。

それを見つけた神覚者二人が追いかけていました。
逃げ切りましたが、神覚者もかなりの実力ですね。

そして次号はついにマッシュ達のバトルが開幕です。

SAKAMOTO DAYS

大佛vsダンプです。

大佛が強すぎましたね。
結局何が強みの能力なのか明らかにならないまま圧倒されてしまいました。

アンデッドアンラック

風子vsスプリング開幕です。

風子は、スプリングが実はいいやつなのではないかと予想していますね。

理由は、自ら人を傷つけるようなことをしない上に、人が作ったものを身につけているからです。

それを聞いたスプリングに異変が見られ、フェーズ3?に変化します。

そして10万人の命を賭け、賭博3本勝負がスタートしました。

レッドフード

まさかの急展開です。

グリムの記憶が操作されています。

そして村長が、魔女を出し抜き、そしてベローに接触します。

目的は、グリムを主人公から降ろし、ベローを主人公に擁立するため、だそうです。

正直、何がなんだかわかりません!

NERU-武芸道行-

竜禅公美参戦です!

正直強すぎますが・・・圓光寺はまだ足りなさそうです。

ネルは怪力の人を、公美は、圓光寺を相手しています。

本気を引き出したい圓光寺はネルを攻撃しました。

それに激昂した公美はどうなるか?!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA