【週刊少年ジャンプ】2022年52号 感想【60点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2022年52号は新連載『イチゴーキ!操縦中』が表紙・巻頭カラーです。
4大新連載の第3弾です!

以下、52号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.イチゴーキ!操縦中(-)→新連載
2.呪術廻戦(-)

3.あかね噺(10)
4.SAKAMOTO DAYS(2)
5.暗号学園のいろは(1)
6.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(5)
7.僕のヒーローアカデミア(7)
8.アオのハコ(6)
9.一ノ瀬家の大罪(4)
10.逃げ上手の若君(8)
11.僕とロボコ(9)
12.ギンカとリューナ(12)
13.HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)(13)
14.夜桜さんちの大作戦(7)
15.アンデッドアンラック(11)
16.PPPPPP(ピピピピピピ)(18)
17.ブラッククローバー(-)
18.マッシュル- MASHLE-(16)
19.高校生家族(15)
20.大東京鬼嫁伝(14)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ルリドラゴン
ONE PIECE(ワンピース)

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2022年51号 感想【60点】

イチゴーキ!操縦中

新連載です。

ギャグ漫画です。

高校生である一剛木改(いちごうきかい)という主人公が稚井崎操(ちいさきみさお)という
幼馴染のヒロインに改造され、高校生活を送る漫画です。

操はマッドサイエンティストになってしまっており、
リカちゃんハウスに住みたいという理由で小さくなる薬を発明し、それを飲んでしまったことで小さくなり、
戻れなくなってしまいます。

そして大きくなる薬を開発するべく、操を連れて動物園に連れてしまったことが災いし、
東ローランドゴリラにパウンド攻撃を喰らい、死にかけます。

死にかけでしたが、操が改をロボ化することで絶命を免れます。

ただ、操縦が必要なため小さくなった操が改を操縦します。

この二人三脚状態で高校生活を送ることになります。

呪術廻戦

九十九由基vs羂索です。

スポンサードリンク

脹相の粘りのおかけで、羂索のもう一つの能力が明らか?になりました。

どうやら重力を操る能力のようです。
ただ、「明らか?」と書いたのは、あくまで九十九由基の予測であり、違う可能性があります。

そして九十九由基の術式も明らかになりました。
これは本人が開示したので、間違いはなく、正体は「質量」です。

仮想の質量を付与できるようです。
名前は「星の怒り(ボンバイエ)」。
「凰輪(ガルダ)」という式神が唯一の術式対象のようですね。呪具化しています。

また、九十九由基は天元と計画を練っていたようです。
羂索に領域を展開させ、展開後に術式が使用困難な状況にまで追い込む、というプランだそうです。

ただ羂索は、お互い面倒だ、と思っている状況で領域を展開しないのは、
領域の押し合いに自信がないと言っているようなモンだ。
ということで、領域を展開してしまいます。

予想外のタイミングで展開されてしまった九十九由基はすぐ天元を呼びます。

あかね噺

蘭彩歌うららの噺です。

「お茶汲み」の噺を始めました。
男女の駆け引きを楽しむ噺のようですね。

昔は、女性に落語はできない、と言われた時代があったようですね。
言っていたのは、蘭彩歌しゃ楽らしく、
さらにうららを落語界に引き入れたのもしゃ楽のようです。

それだけうららの実力が凄まじかったということでしょう。

SAKAMOTO DAYS

神々廻vs四ツ村です。

四ツ村には仲間が複数潜んでいました。
神々廻は構うことなく、一直線に四ツ村を取りに行きます。

大仏は一緒にいた舞子さんみたいな人とバトル勃発中です。

まずは神々廻がクリーンヒットを四ツ村にかましました。

暗号学園のいろは

チュートリアル?です。

いろはは、凍にクラスメイトの入学理由を聞くように宿題を出されます。

そして凍はその理由を聞くと、大半が嘘をついていると断言します。

どうやらみんな入学している理由は、500M(モルグ)の暗号資産を狙っていると予想しているようです。

凍はいろはのことを高く評価しており、戦争の半分をなくそうぜと誘います。

そのためにまずは嘘つきのクラスメイトを説き伏せて学級兵長の座を取ってほしいと言われます。
これが次のチュートリアルですかね。

また享楽はいろはと凍を探しており、その中で凍のことを「戦争屋」と呼んでいます。
悪いやつかいいやつかまだ判断できないですね。

HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)

幻影旅団過去編です。

旅団の人たちは劇団のようなことに興味を持っていたっぽいですね。

現時点だとみんな良い子で、すごく平和に見えますね。

旅団のみんなが闇落ちするきっかけが必ずこの過去編にあるはずなので、
サラサがキーパーソンかもしれませんね。

アンデッドアンラック

風子vsファンクーロンです。

追いかけてきたファンとバトルすることになった風子ですが、
ファンには不運の性質を伝えていないようです。

そして髪の毛をまず触れさせ不運を発動し、そこからのコンボ攻撃で、
ファンをダウンさせます。

そしていずれ弟子になるであろうシェンを育てるよう指示します。

スポンサードリンク
Author: d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA