【週刊少年ジャンプ】2021年50号 感想【55点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年50号は、新連載の『アヤシモン』が表紙・巻頭カラーです。
『地獄楽』の作者でも知られる賀来ゆうじ先生の新連載です。

以下、50号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.アヤシモン(-)→新連載
2.僕のヒーローアカデミア(8)
3.呪術廻戦(2)
4.Dr.STONE(ドクターストーン)(3)
5.僕とロボコ(13)
6.夜桜さんちの大作戦(11)
7.アオのハコ(12)
8.SAKAMOTO DAYS(5)
9.あやかしトライアングル(21)
10.逃げ上手の若君(4)
11.PPPPPP(ピピピピピピ)(10)
12.高校生家族(9)
13.アンデッドアンラック(6)
14.破壊神マグちゃん(14)
15.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(16)
16.ブラッククローバー(17)
17.マゲルちゃんのおつかい(-)→読切
18.NERU-武芸道行-(19)→連載終了
19.マッシュル- MASHLE-(15)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
ONE PIECE(ワンピース)

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2021年49号 感想【60点】

アヤシモン

妖怪じみた強さの人間が、アヤシモンと呼ばれる妖怪たちがいる、妖怪界の頂点を目指す物語です。

炎魔界の組長が亡くなられたことによって、この争いが生まれています。

モブ顔の海堂マルオが主人公で、組長のウララがヒロイン?のようです。

スポンサードリンク

デュラララの平和島静雄的な強さがあって、めちゃくちゃ面白そうです。

僕のヒーローアカデミア

スターがやられた?っぽいです。

「新秩序(ニューオーダー)」が死柄木弔に奪われる、かと思いましたが、スターが直前に「他の個性と反発する」条件を付与したため、死柄木弔の中で反発してしまっています。

個性は、「与える」か「奪う」なので、「破棄」はできません。

死柄木弔は、別のものに与えようとしますが、果たして間に合うか?

呪術廻戦

虎杖悠仁vs日車です。

駆け引きがある戦いは見応えありますね。

日車のペナルティは本来術式を没収するものだったらしいですが、悠仁が術式を持っていなかったため、呪力の没収に変わったようです。

ただの肉体で1級術師レベルと戦うというバケモノっぷり(笑)

そして二審があるという裁判のからくりに気づき、渋谷事変の経緯が挙がります。

「嘘でも否定でもない」とし、あっさり悠仁は罪を認めます。

そしてあっさりデスペナルティが下されます。

怒りの口元になっていたのは、日車なのか、ジャッジマンなのか・・・。

これは上告はいくのか・・・?

SAKAMOTO DAYS

坂本vsアパートの戦いです。

坂本が痩せられない理由が判明しました。

どうやら、全盛期の動きをマネようとし、無駄にカロリーを消費してしまっていたようですねよくわかりません(笑)

丹田のツボを押されたことで、自分が太っていることに気づいた坂本は、太っているなりの戦い方でバトルをしだしました。

アンデッドアンラック

風子vsスプリング 二番勝負です。

二番目の勝負は、十三人一首です。
百人一首つまりはカルタですね。

初めはスプリング優勢でしたが、少しずつスプリングに触れ不運を溜めることで、あと1枚取られれば負け、というところでスプリングに不運が通用しました。

もう取らせないという風子、果たして勝つことができるか??

NERU-武芸道行-

5年後に飛びました。

そうです。最終回です。

ネルは結局武芸家を貫いていました。

そして朱琵とのバトルで終わります。

決着はつかず、始まりのところで終了です。

もう少し見たかったですが、次回作に期待ですね!

マッシュル- MASHLE-

マッシュvs磁力使いです。

磁力を使って、次々マッシュに鉄球などが襲いかかりますが、
杖をグローブにし、野球に見立てることで攻略をします。

磁力については、高速スピンをかけることで打開しました。

そして磁力使いは、2本目の杖をだし、マッシュを空間に閉じ込めてしまいます。

次号どうなるか??

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA