【週刊少年ジャンプ】2021年52号 感想【50点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2021年52号は、新連載の『ドロンドロロン』が表紙・巻頭カラーです。
大須賀玄先生の新連載です。

以下、52号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.ドロンドロロン(-)→新連載
2.僕のヒーローアカデミア(3)
3.ONE PIECE(ワンピース)(2)
4.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(12)
5.Dr.STONE(ドクターストーン)(6)
6.守れ!しゅごまる(1)
7.SAKAMOTO DAYS(9)
8.アオのハコ(8)
9.夜桜さんちの大作戦(7)
10.アヤシモン(5)
11.逃げ上手の若君(-)
12.僕とロボコ(14)
13.破壊神マグちゃん(15)
14.ブラッククローバー(17)
15.アンデッドアンラック(18)
16.PPPPPP(ピピピピピピ)(13)
17.Baby Basket Ball(-)→読切
18.高校生家族(10)
19.あやかしトライアングル(19)
20.マッシュル- MASHLE-(11)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
呪術廻戦

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2021年51号 感想【55点】

ドロンドロロン

アヤシモンと設定が近いです。

「モノノケ」と呼ばれる敵を倒すための組織である「イザナギ隊」、そしてそこに所属している「侍」を目指す物語です。

主人公である、「佐々木ドラ」は子供の頃に母親を亡くしており、その母親に侍になることを誓います。

そして、入隊試験を受けますが、結果不合格となりました。

侍になるためには、「妖力」と呼ばれる力・素質が必要で、なんと佐々木はその妖力量が「0」だったのです。
ただし、喧嘩では負けたことがないらしく、馬鹿力があるようです。

途中モノノケに遭遇しますが、やはり妖力がないせいで全く歯が立たず、殺されかけます。

スポンサードリンク

が、途中知り合った「クサナギ」というモノノケの力を纏い、撃退に成功します。

どうやらそのモノノケはいいモノノケのようで、一緒に「しあわせで優しい世界」を目指すようです。

僕のヒーローアカデミア

「新秩序(ニューオーダー)は奪われなかったようです。

OFA(ワン・フォー・オール)を総出で捜索し、見つけ次第総力戦という流れになります。

最後にOFAの新たな仲間のシルエットだけ出てきました。

内通者はまさかの「葉隠透」・・・?でしょうか??

ONE PIECE(ワンピース)

キングが絶滅したはずの「ルナーリア族」の生き残りと判明します。

ルナーリア族は自然界のあらゆる環境下で生存でき、「神」と呼ばれているそうです。

サンジは、「そんなやつらがなぜ絶滅するんだ?」と疑問を持っていますが、ちょっとフラグっぽいですねこれ。

そしてゾロvsクイーンですが、戦闘中にある疑問を持ちます。

和道一文字と三代鬼徹は同じ霜月コウ三郎が製作したものであり、なぜそれがイーストブルーにあったか?という疑問です。

そして、「すなっち」という言葉は、「村のジジー」に習ったことを思い出し、そのジジーの名前が「霜月コウ三郎」であることにたどり着きます。

覚悟をしたゾロが覇王色に目覚め、次号に続きます。

SAKAMOTO DAYS

坂本vsアパート 決着です。

戦闘中東京タワーが傾いてしまい、それを食い止めようとします。

そしてどうしようか、と坂本が考えている時に、ORDERのメンバーである、
篁(たかむら)が乱入します。

坂本は薄々でしか気づきませんでしたが、おかげで戦闘に集中することができ、アパートを撃退します。

アヤシモン

歌舞伎町に入りました。

入ったところで田舎者のマルオはかなり感動します。

そしてウララの目的を聞きます。

拠点を得るために、手始めとして手頃な組織の事務所を奪おうとします。

ちょうどいいところに、猪熊入道という妖怪にいじめられている妖怪を見つけます。

猪熊入道を倒す代わりに事務所をくれ、と交渉します。

ウララに正式な「たいまん」ではないため、倒すな、と言われていましたが、勢い余って倒してしまいました。

アンデッドアンラック

三番勝負です。

三番勝負は、「チンチロ」です。

スプリングの自我があるうちに、風子は不運を付与します。

そしてスプリングがフェーズ3に移行します。

フェーズ3になると、能力が拡張し、対象問わず桜に変えられるようです。

風子はスプリングまでたどり着けるか・・・。

マッシュル- MASHLE-

ドット・バレットvs敵のNo.2+増援1名です。

当初、タイマンだったはずですが、いきなり敵側に増援がきました。
どうやら磁力を扱う能力のようです。

初めは劣勢でしたが、ドットが本気モードになり、攻勢にでます。

0距離での爆発を行いましたが、果たして届くか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA