【週刊少年ジャンプ】2022年5・6号 感想【55点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2022年5・6合併号は、『全員集合ver』が表紙です。
巻頭カラーは、『ONE PIECE(ワンピース)』です!

以下、5・6号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.ONE PIECE(ワンピース)(2)
2.SAKAMOTO DAYS(16)
3.僕のヒーローアカデミア(3)
4.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(5)
5.呪術廻戦(1)
6.アオのハコ(4)
7.アヤシモン(7)
8.Dr.STONE(ドクターストーン)(6)
9.ドロンドロロン(9)
10.高校生家族(8)
11.食戟のサンジ(-)→読切
12.守れ!しゅごまる(12)
13.逃げ上手の若君(10)
14.僕とロボコ(14)
15.夜桜さんちの大作戦(13)
16.ブラッククローバー(18)
17.PPPPPP(ピピピピピピ)(20)
18.あやかしトライアングル(17)
19.マッシュル- MASHLE-(15)
20.破壊神マグちゃん(21)
21.アンデッドアンラック(19)
22.超能力者いのうさん(22)→読切

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2022年3・4号 感想【50点】

ONE PIECE(ワンピース)

ゾロvsキング決着、ルフィvsカイドウ続きです。

なんとゾロまでキングを倒してしまいました。
麦わらの一味ちょっと戦力えぐいですね(笑)

スポンサードリンク

vsカイドウですが、お互い完全な本気は出してなさそうです。
あとお互い楽しくなってきちゃっているようです。

また、裏ではヤマトがNUMBERSの六鬼と接触、ウソップたちが錦えもんたちの救出を図ります。

そしてCP0がドレークたちを仕留めました。

やはり終盤に差し掛かっていて、みんな強者なためCP0もそれなりに苦戦していたっぽいですね。

SAKAMOTO DAYS

坂本vsスラーです。

スラーが坂本に「もう一度僕を殺してみるかい」と意味深なこと言ってます。

鹿のおじさんみたいに不老不死チックなんですかね。

スラーが坂本の娘をダシに坂本の本気の殺意を煽り、坂本はそれに応じてしまいますが、シンの坂本を呼ぶ声に反応し、目を覚まします。

というところで楽とORDERの篁が乱入です。

状況を見ると圧倒的に篁が有利そうな感じです。

僕のヒーローアカデミア

コス修復パートです。

発目が飯田と出久のコスをそっこー修復してくれました。
出久のものは性能が少し劣るverっぽいですね。

次号は総力戦に向けて少し状況が変わりそうです。

呪術廻戦

伏黒vsレジィです。

レジィの術式が明らかになりました。
端的に、レシートの能力を具現化する能力っぽいです。
(「契約の再現」と呼ばれていましたね。)

温泉旅行のレシートがあれば、それを体験した効果が出るっぽいですね。
軽い回復能力みたいな感じですかね。

伏黒は撤退しながら、体育館にレジィを誘導し、領域をついに展開しました。
まだ未完成?っぽかったような気がしますが、一体どうなるか?

アヤシモン

いきなり炎魔会の二代目、灯独歩と接触です。

始めはウララも出会した時に、シラを切っていましたが、車に乗せられた橋姫を見て、反応してしまいました。

それに気づいた灯がウララたちを攫おうとしますが、マルオが止めます。

次号対決です!

マッシュル- MASHLE-

マッシュvs磁力の人決着です。

磁力の人が3本線を出しますが、最後にマッシュの強さを認めて負けました。

結構あくどいやつでしたが、潔さもありましたね。

アンデッドアンラック

スプリングvs風子 三番勝負です。

丁半博打で、風子は「丁」スプリングは「半」を選択しました。

すでに風子の不運が効いているため、分かりきった勝負でしたが、
風子の勝利です。

終わりに、不壊が13代目 山岡一心、またの名である山岡春歌を名乗り、スプリングが一句詠んだところは良かったです。

スポンサードリンク
Author: d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA