【週刊少年ジャンプ】2022年16号 感想【50点】

スポンサードリンク

こんちは。Dです。

2022年16号は『僕のヒーローアカデミア』が表紙です。
終章超大反響御礼表紙です。
巻頭カラーは、『高校生家族』です。
新年度応援巻頭カラーです!

以下、16号の掲載順です。

連載ラインナップ
1.高校生家族(10)
2.僕のヒーローアカデミア(4)
3.呪術廻戦(-)
4.WITCH WATCH(ウィッチ ウォッチ)(12)
5.マッシュル- MASHLE-(19)
6.夜桜さんちの大作戦(15)
7.アオのハコ(6)
8.あかね噺(11)
9.エクソシストのキヨシ君(-)→読切
10.ブラッククローバー(1)
11.PPPPPP(ピピピピピピ)(16)
12.地球の子(8)
13.SAKAMOTO DAYS(2)
14.アンデッドアンラック(7)
15.僕とロボコ(14)
16.あやかしトライアングル(17)
17.逃げ上手の若君(13)
18.協力型RPG キズナデパーティー(-)→読切
19.アヤシモン(20)
20.ドロンドロロン(21)
21.守れ!しゅごまる(18)

 

※左側に掲載順序を書いています。
()内は前回の掲載順序です。
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトHP(https://www.shonenjump.com/j/

休載
ハンターハンター
ONE PIECE(ワンピース)

それでは本編の感想を書きます。
※一部ネタバレがあるので、気をつけてください。

先週はコチラ↓

【週刊少年ジャンプ】2022年15号 感想【55点】

僕のヒーローアカデミア

OFA9代目の出久はどこまで行ってもクソナードでした。

トガヒミコは好きな人と同じになりたいと言い、かつそれが目的のようです。好きな人を傷つけたいと思わない出久が、トガヒミコにどうして心まで同じなろうとしない?と説得しますが、トガヒミコにその声は届きません。

世界が拒むなら自分も拒むという結論になりました。

そんな中梅雨が加勢にきました。

そして、出久はこの戦線を離れ、死柄木のところに向かいます。

呪術廻戦

乙骨vs烏鷺vs石流です。

リカが完全顕現しました。
リカは、0巻で折本里香が成仏してから、乙骨に残された外付けの術式と呪力の備蓄みたいです。

指輪を通して、リカと接続することが条件のようですね。

得られる能力は、
・術式の使用
・「リカ」の完全顕現
・「リカ」からの呪力供給

上記の3点のようです。

そして、接続可能時間は、5分、と。(短いですね。)

スポンサードリンク

そして同時に乙骨の術式が明らかになりました(?)。
「模倣(コピー)」と思われます。

早速狗巻の呪言と、式神、そしてドルゥヴの術式を披露しました。

やっぱりチート能力ですね。

そして3者領域展開しました。

一体どうなるのか?

あかね噺

修行編です。

弟子がまた明らかになりました。

・阿良川こぐま(金髪のマッシュヘアー)
・阿良川まいける(黒髪長髪)
・阿良川享二(坊主)

上記に加えて、以前から登場している阿良川ぐりこ。

の4名がお弟子さんです。

誰も面倒を見たがらなかったので、享二が面倒見になりました。

早速朱音は高座に上げてもらえたものの、思ったよりも手応えがありませんでした。

それを見た享二は、朱音の噺を「傲慢」だと切り捨てます。

相手を見て、工夫できるように、その技術を身につけるために朱音は居酒屋でバイトすることになりました。

そこで何が大事かを見つけてくる、というミッションです。

SAKAMOTO DAYS

最終試験です。

坂本は、シンに川の上流付近で落ち合うか、と伝えますが、
シンはこれを拒否、正々堂々と坂本とやりたいようです。

今までずっとついてきたシンの自立心に坂本はちょっぴり傷心です。

シンは実力をいかん無く発揮し、ハチマキを奪いますが、虎丸に目をつけられました。

そして坂本たちは予定通り川の上流側へ行き、休憩しています。
そこで晶はまた蝶に気づかれず蝶に触り、そして逃す。という
超繊細な動きを披露します。

坂本はやはり晶が気になる様子で師匠を確認しますが、確認できず。。

そんな中敵の罠にかかってしまい、ステンレス合金の網の中に閉じ込められてしまいます。

坂本たちは打開できるか!?

アンデッドアンラック

アンディvsシールです。

シールはどうやら取り込んだUMAの能力が使えるみたいです。

アンディは、剣撃、血のカッター、絞め技、と駆使しますが、どれも通用しそうにないです。

それどころか全身を爆弾化されたところで脳がやられると再生が遅いことに気づかれてしまい、弱点が看破されてしまいます。

助けに入ったルーが一瞬で封印され、アンディが大ピンチです。

アヤシモン

マルオvsコットンです。

どうやら念話はたいまんだとご法度のようですね。
轟連合の人間が少し不正を疑う様子がありました。

念話は、痛みなども少し共有されるようでマルオの頭に石が当たった時にウララにも痛みが走っていました。

上記の反応で、轟連合で疑った、という状況ですね。

そしてウララはコットンへの勝ち筋を見出し、それをマルオに伝えます。

その内容とは、水で湿らせスピードを遅くすることで攻撃を当てられるようにする。です。

噴水を使って、コットンに水を浴びさせようとしますが、コットンがギリギリで踏みとどまります。
そこからマルオが噴水にパンチを喰らわす追い討ちをかけ、次号に続きます。

水を浴びせられることができたかどうか・・・。

ドロンドロロン

妖怪屋敷への仲間救出任務です。

場所は武蔵国西端のようです。
これまで二度侍を派遣したようですが、連絡が途絶え行方不明、という状況です。

まあタメエモンのエサになっていますからね・・・。

そして、
雲林院ヘイスケの雲林院隊
・ヘイスケ
・冨田
・ドラ、クサナギ

諸岡隊
・諸岡
・真壁
・小早川

の二小隊で当たるようです。

現着した二小隊ですが、諸岡隊がヨシヒメ・タメエモンと邂逅。
全滅しかけそうな最中、なんとかドラが間に合いました。

この状況が突破できるかどうかですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA